初心者向け指南


研修開始・・・

内容は良く読んで理解しましょう。忘れた場合は研修の内容のページに掲載されていますのでご覧になると良いでしょう。

研修5で武器の開発と生産を行ないますが、AL-4アサルトライフルの開発が済んだら生産に入る前にGS4-30Cガトリング砲も一緒に開発しておくのがおすすめです。これをやっておけばこの研修が終わる頃にはAL-4と共に量産体制が整いスムーズなスタートを切ることが出来ます。

なお、研修14で好きな施設をLvUPさせることが出来ますが、お勧めは人事部です。DoLLSを1人追加雇用できるためです。これをやっておけば、後で兵舎を2Lvにしたときにすぐ2人体制で任務に付かせる事ができます。兵舎を4Lvにする為の条件にもなっているので色々とお得です。


研修が終わったら・・・

さて、研修が終わったら次はとりあえず「最初の任務」を終わらせましょう。これを終わらせると功績を15もらえるので、迷わず兵舎を2Lvにしましょう。そうすれば前線に2人兵士を登録できるようになるので、指令「共同戦線(M1)」に2人とも参加させ功績を稼いで行くことができるようになります。
(X5+装甲歩兵も1機貰えるので、研修で武器を余分に生産し、人事課も2Lvにしておいたらすぐに実行可能になります。)

稼いだ功績で、まずは兵舎を4Lv以上にする事を目標にしたら良いと思います。前線に登録できる兵士が増えれば多くの指令をこなす事ができるので、功績がより早く貯まるようになるからです。(4Lvなら4人前線にだせるので共同戦線M1を2チームで、5Lvなら5人前線に出せるので共同戦線M2とM1を同時に行なえます。)

最初はとにかく功績を稼いで施設を充実させていきましょう。施設が充実していけば基地ランクが上がっていき、より上位の任務を受けることができるようになっていきます。

指令の開放

プレイし始めの頃は受けられる指令の数は限られていますが、一定の条件を満たせば新しい指令が現れるようになります。新しい指令を開放する条件は、次の2つのパターンのどちらかとなっています。

1.回数をこなす
指令「ゲリラ部隊の掃討」にはそれぞれSa La Sb Lbの4種類があります。Saを1回こなせばLaが開放され、Saを10回こなすとSbが開放、Sbを1回こなすとLbが開放される仕組みになっています。これは、シングル・マルチ・連合いずれの指令でも同じです。又、Saは「鉱山基地防衛」や「補給部隊支援」といった他の指令の出現条件にもなっています。

2.基地ランクを上げる
基地のランクが上がると、上位Lvの指令が受領できるようになります。敵のLvも上がって強くなりますがより多くの功績や経験がもらえるようになります。特別指令を除き、6Lvの指令まで実装されています。

武器の能力

このゲームでは、命中率が低くても単発(×1)で攻撃力の高い武器の方が遥かに安定した性能を発揮する仕様になっています。

特別指令にでてくるような特殊な敵を除けば、各武器の1発目はどんなに命中率が低くても確実に命中します。
(これは命中率0の武器でも、敵に命中して0ダメージを与えられる事から明らかです。初弾必中と呼ばれています)

逆に攻撃回数が×4などと複数回になっている武器は、最悪1回しか命中しない事があります。例えばAL-4アサルトライフルは対地攻撃力5×4なので、最大20ダメージを地上の敵に与えられますが、最低5ダメージしか与えられないので火力が不安定です。

これはパイロットの命中値が高くなっても殆ど変わりません。

初期装備のAL-4とGS4-30Cを2つづつ装備した機体は最大80ダメージを与えられるので、4Lvの敵を倒せる潜在能力を持ってはいるのですが、最低だと20ダメージしか与えられない事になるので、1Lvの敵でも倒せない時が出てきます。(撃ち漏らしと呼ばれ忌避されます)

序盤のおすすめ装備

基地ランクを着々とあげ指令の種類も増えると、初期装備ではどうしても力不足になってきます。

初期配備の機体[X5]では、2Lv指令の敵にすら先制攻撃を受けて耐久力が減ってしまいます。最悪の場合、撃破されることすらあります。武器に関しても、AL-4 アサルトライフルやGS4-30C ガトリング砲では火力が不安定で敵を撃ち漏らす場合もあります。それらの上位装備であるAL-5 アサルトライフルやGS5-35A ガトリング砲を装備させても火力が不安定な点は同じであり、撃ち漏らしを完全に無くす事は出来ません。

余計な資源出費や開発に必要な功績の無駄を抑えるために、なるべく以下の装備を優先して揃えるとよいでしょう。

*これらの装備は自分で開発し工場で量産できるようにするのが理想ですが、開発に必要な功績は序盤で確保するには多く、なかなか手が届きません。ですので、余裕のないうちは取引で購入するようにしても良いでしょう。

【機体】
序盤のおすすめ機体として[X5+]を挙げる人と[X5C]を挙げる人がいます。どちらも一長一短があり、どちらが正しいということはできません。それぞれメリットを理解した上で自分の判断で決めていくといいでしょう。このどちらかを使いつつ、DoLLSを軍曹まで育てて[X5+C]に載れるようにするのが序盤での目標の1つです。
研究所レベル2で[X5C]を開発しておけば、研究所レベル3で[X5+C]を開発することができます。

・[X5+](研究所レベル2で開発が可能です。開発すると工場で生産することが可能となります)
arm_002_m.jpg [X5]よりは機動が高いので、地上の敵ならある程度まで先制攻撃が可能になり、被弾が減ります。2Lv以上の指令を行うようになる前には用意しておきたいところです。
上位機の配備が進んでも、伍長機として新人の育成に使える他、肩装備でM-S602の火力を補って4Lv指令につかせたり、死神のように火力が必要な特別指令の敵に対してはその生産コストの安さから使い捨て覚悟で使えるので、なにかと潰しの利く機体です。
肩にも武器が装備できるため高い火力を確保する事ができ、攻撃値が低いDoLLSでも安心して載せることができます。

・[X5C](研究所レベル2で開発が可能です。開発すると工場で生産することが可能となります)
arm_003_m.jpg DoLLSの攻撃ステータスを20以上に上げている場合は、武器はM-S602だけでも難易度3の指令までなら充分に行けるので、肩装備は不要になります。その場合はこの[X5C]を使うのも手です。武器/兵器一覧で比較すれば分かる通り、肩装備が出来ない事と生産コストがこちらのほうが高い事以外では、全ての性能において1つ上で紹介した[X5+]より優れています。[X5+]のメリットとして挙げた機動も、[X5C]のほうが更に上です。また、緩和値が高いため、DoLLSへのダメージも少なくて済みます。
肩武器を生産したり購入したりしなくて良い分ランニングコストが大幅に削減できるので、この機体を選択すると資源のやり繰りが非常に楽になります。

・[X5+C](研究所レベル4で開発が可能です。開発すると工場で生産することが可能となります) ※[X5C]の開発が必要
arm_004_m.jpg 軍曹から乗れるようになります。ボス戦や一部の特別指令を除けば、現在解放されている最高難易度(難易度4)までのどの指令でも、この機体さえあれば事足りてしまうほどの優秀機。この機体の量産態勢を作り、この機体に乗ることのできる軍曹以上のDoLLSを前線人数分育成することが、序盤の目標の1つであると言えます。
[X5+]や[X5C]より機動が高くて頑丈。特に緩和値が高いのでパイロットに対する被ダメ軽減効果が大きいのが特徴です。ただ肩に武器を装備できないないため、火力不足には気を使いたい所です。以下の武器を用意しておくとよいでしょう。

【武器(手持武器)】
・M-S602スナイパーライフル(研究所レベル3で開発が可能です。開発すると工場で生産することが可能となります)
det_wep_025.jpg 対地対空両用で火力が安定している定番装備です。DoLLSの攻撃ステータスをあげてなくても、3Lvまでの指令ならまず間違いなくクリアできます。そのままだと4Lv以上の指令で不安が出てきますが、攻撃ステータスを十分にあげてやれば、これ一本で6Lvの通常指令でも全てクリア可能となる非常に優秀な武器です。適正価格の出品数が少ないわりに比較的壊れやすいので、なるべく早く自己生産出来るようにしましょう。

・M-S636スナイパーライフル(研究所レベル5で開発が可能です。開発すると工場で生産することが可能となります)
det_wep_026.jpg 上で紹介したM-S602スナイパーライフルの強化版。DoLLSの攻撃ステータスに不安がある場合、又は他のステータスを優先させたい場合などは、この武器で不足した攻撃力を補う事ができます。通常指令での必須武器の座からは退きましたが、手持ち武器ではスパンカーに次いで高い対空攻撃力を持つので、航空機が居る特別指令やボス戦での特効など、活躍の場は数多くあります。作っておくべき装備のひとつです。

【武器(肩武器)】
・MMS3 両用ミサイル(研究所レベル4で開発が可能です。開発すると工場で生産することが可能となります)
det_wep_015.jpg 肩武器の定番です。対地対空両用で火力も安定しておりしかも安価に生産できます。単発ミサイルのためにこのゲームの仕様上、必ず当たります。そのため、上位のMMS6 連装両用ミサイルよりも使い勝手がよいという人もいます。将来X5SやXB-10などを配備できるようになってからでさえ主力の肩装備として使い続けることができる優秀な武器です。

DoLLS一人一人のステータス違いを把握する


ほとんどのDoLLSはCランクで能力値の合計は30強。中にはとんでもなくバランスの悪い人もいます。その一方で、フェイエン・ノールのように高ステータスなDoLLSも存在します。このように個人差が激しいので、旧作DoLLS新DoLLSのページを参考にしましょう。なお、どのDoLLSも能力値のどこかしらに穴がありますが、レベルアップさせて埋めてあげれば優秀な兵士になっていきます。
性格を直すことはできないので、気に入らない性格(攻撃力・防御力ダウンなど)の兵士は訓練要員に回しましょう。

開発したいよ


気持ちはわかりますが、序盤での開発・生産はハードルが高すぎます。開発よりも基地施設を充実させ、極力資材を節約しつつ戦力の充実を図った方が得策です。
格納庫のレベルを上げておけばアイテムや機体の保有上限が増えるので、万が一機体が撃墜されて廃棄品が増えても対応できるようになります。
また、資材部を上げておけば1時間あたりの採掘力が上がるので放置していても資源が増えて行きます。任務報酬よりも頼もしい収入に。
研究所での開発については、上に記した最優先装備を開発した後は“使うものを優先して研究する”ようにしましょう。また資源が不足する序盤のうちは “開発しても必要以上に生産しない” のが良いです。

取引を活用する


“自分で作ったときの必要資材+手間賃”程度の価格であれば買っても損はないと言えるでしょう。自分で生産する際の必要資源の額は兵器研究を見れば分かります。
取引リストは、売れ残りほど前に表示され蓄積されていく仕様になっています。つまり、後ろの方に登録されている物の方が出品日時が新しく、価格も安い場合が多いということです。 (新規登録品でもリスト中程にある場合もあり、一概には言えない。)
ただしX5はすぐに次の機体に乗り換えとなるので、取引で購入したり作ったりはしないほうが方が良いでしょう。また、性能が低いため取引に出品してもマトモな価格では買い手がきません。捨て値で出品するか、思い切って売却するのがおすすめです。
使わない機体を格納庫に置くのは保有上限を圧迫する原因となりますので、不要な機体はどんどん処分してしまいましょう。例えすぐに売れなくとも、出品登録するだけでも倉庫のスペースがその分が空きます。
なお、伍長のうちは搭乗できるDoLLSが少ないので、X5+やX5Cは新兵育成のために数機は残しておくのも手です。

また、共同戦線[M1]~[M4]でたまに手に入る強化骨格は出品して資源を稼ぐのも手です。

敵が攻めてきた


数時間おきに基地に敵が襲撃をかけてきます。(報告書が点滅して攻撃が来たという文章が来ます)
迎撃部隊を編成し攻撃を仕掛けるか、そのまま放置して基地で迎撃するかの二択に。

基地で迎撃する場合には、特に何もせず放置していれば、負ける事なく自動的に撃退となります。前線登録してある兵士が全員お出掛けしていても、自動的に撃退してくれます。

攻撃を仕掛ける場合には、シングルミッションのところで受注できます。基地ランク相応の装備であれば、特に苦戦することなく勝てる相手です。攻撃を仕掛けるメリットは、経験値、功績、資源がいくらか入るのと、報酬でメディカルキットが出る場合があることぐらいです。

なお、敵襲に備えるために防衛施設のレベルを上げる必要性はありません。全くレベルを上げなくても撃退できるので、他の施設や開発状況が十分になってから最後に上げるのがおすすめです。

(つまり、敵襲は現状では空気。放置でOK)

少数精鋭か大所帯か


これはプレイスタイルの問題なので個人の自由です。

少数精鋭の場合は、人数が少ない分一人当たりの経験値が充実するので昇進も早くなります。ただし、疲労を治療やドリンクで回復させる時間が必要なので、ボス戦や大人数が必要な指令を短時間で繰り返し回したい場合など大規模な作戦の際に不便が生じます。

大所帯の場合は、疲労が溜れば前線から退かせて次々と控えのDoLLSの育成が出来るので、時間の無駄が少ないといえます。反面、一人当たりの育成に時間がかかりますし、兵士レベルの平均も下がります。

間をとって、古参兵1:新兵2くらいの割合で育成するという方法もあります。成長させた古参兵2人と新兵2人くらいで編成して、ランク2の指令をこなすとうまい具合に経験値稼ぎが出来ます。

また、序盤と中盤以降で方針を変えるという方法もあります。中盤以降では主力DoLLSは6名〜10名となってくるので、そこを見据え、序盤では現在前線に出す事ができる最大人数のDoLLSだけを将来の主力メンバーとして少数精鋭で育てます。序盤のうちは施設のレベルアップに必要な功績は少なくて済むので、彼らを回復させつつ進めて行っても、それなりに施設のレベルは上がって行きます。施設のレベルが7以降になってくると、功績稼ぎがキツくなり限界を感じるようになるので、そうなったら大所帯に切り替えます。前線に出せる最大人数の3倍〜4倍程度の人数を同時育成としておくと、一切の回復を行わずに疲労が溜まったDoLLSを前線から後退させて控えのDoLLSと入れ替えて次々と回して行くことが可能になります。

レベルの上がった新兵は成長ポイントで弱点を補強すれば十分な戦力になってくれます。准尉に昇進すればX5Sにも乗れて、晴れて古参兵の仲間入りです。

経験値を稼ごう

指令ごとにもらえる経験値には違いがあります。自分の部隊の編成や装備にあわせて効率のよい任務に参加させ続ければ、経験値を楽に稼いでいくことができます。1回いくだけでは貰える経験値が少なくともすぐ終わる指令であれば、何度も行くことができます。単位時間あたりで見た時にもらえる経験値が大きくなるような指令がどれかを比較し、一番効率がよいと思う指令に数多く行かせるのがおすすめです。
経験値をいくら稼いでもステータスを上げないままポイントを溜めているだけでは強くはなれませんが、このゲームはポイントを振ってステータスをあげてもその効果は期待する程大きくはならないので、今後のアップデートや仕様変更に備えてポイントを振らずに溜めている人もいます。ただし効果が全くないわけでもありませんので、振る場合はよく考えて振って行きましょう。各種ステータスについては「兵士」の項を参考にしてください。

レベルが上がったら昇進させよう

経験値を稼いでいくとレベルがあがりますが、レベルが20になったらそれ以上幾ら指令に行かせても経験値が蓄積されずに無駄になります。次の昇進させればまたレベルが上がって行きますので、20になったらすぐに昇進させましょう。昇進させると良い機体に載ることもできるようになっていきます。
ただし、昇進させるためには兵士を一人犠牲にする必要があります。

功績を稼ごう

経験値と同様に、功績も指令を達成するとで入手できます。指令によってもらえる功績の量がちがうので、経験値同様、単位時間あたりで見た時に貰える功績が大きな指令に繰り返し行くのがおすすめです。

新しいDoLLSは毎晩0時に人事課の一般採用に来る

新しいDoLLSは毎晩0時に人事課の「一般採用」に来ます。採用しないままにしておくと翌日の0時には上書き更新されて新しいDoLLSが来ます。採用できるのは合計99名まで。序盤のうちは余裕があるので、とにかく全員採用しておきましょう。不要なDoLLSも、昇級の時や特訓のときに消費するので、持っておいて損はありません。
なお「一般採用」にくるDoLLSのほとんどは、最低のレア度であるCのDoLLSたちですが、ごく一部のDoLLSに限り、UCのものが来る場合もあります。

メンテの前と後は必ず人事課を見に行こう

上記の毎晩0時の更新の他に、毎週木曜午前11時からの定期メンテナンスや時々行われる臨時メンテナンスの後にも人事課の「一般採用」は更新されて新しいDoLLS達が来ます。ですので、一般採用のDoLLSを一人でも多く欲しい場合には、メンテ前の0時からメンテ開始までの間及びメンテ後から0時になるまでの間は、必ず人事課を見に行きましょう。

定期メンテは毎週水曜午前11時から

定期メンテは毎週水曜午前11時からです。
又、月に一度くらいの頻度でガマニア全体メンテナンスと同時に行なう事があります。
このときは5・6時間以上の長時間メンテになる事が多いので、開始時間が早まる事が多いです。
終わる時間は…いつもたいてい長引くので、そのつど公式サイトでチェックするようにしてください。


Copyright©KOGADO STUDIO,INC. All Rights Reserved.
Copyright©2012 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved.


  • 最終更新:2013-03-30 23:35:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード