資料:オリジナルとの比較

はじめに


Webパワードールには、オリジナル版からの兵器や武器が出て来ます。パワードールの名を冠するためにどうしても「オリジナルではどうだったのか」「どうしてこの機体はこういう性能なのか」ということがたびたび話題になります。

調べてみた所、このwikiに以前それに応えるようなコーナーを作成してくださっていた方がいたようなので、改めて資料としてメニューのほうに追加して、誰もが閲覧できるようにしておきます。

あくまでWebパワードールはWebパワードールであってオリジナルとは違いますが、Webパワードールをより深く理解して楽しむための資料として活用して行きましょう。

以下、本文。パワードール5との比較(各兵器や武器がオリジナルではどういう役割を果たしていたか)についての説明文となっています。



PD5の兵器運用法


Webパワードールの兵器やら武器やらは今のところほとんどがPD5からの流用。そこで、PD5をやっていない人たちに実際のとこどういうものなのかを理解して頂こうという話。

ローダー編


汎用型(X5、X5+、X5S、XB-10)


戦闘の主役となる主力ローダー。両手両肩に武器を装着することが出来る
用途に応じて武器を装備し、弾薬の切れた武器は除装することによって機体重量を軽くする

Webパワードールでもやっぱり主役。
武装の装備数が多い分、武器が壊れる可能性も高まるため、戦闘力の維持がやや面倒

強襲型(X5C、X5+C、XC-10)


対ローダー用および対重車両用に格闘戦に特化させた機体
両肩に武器を装着できない(両肩のハードポイントをジェネレーターに換装しているため)が重装甲かつ軽快な動きで近接戦に滅法強い
煙幕を張りつつ接近して敵ローダーを殴り倒すのがお仕事

Webパワードールでは堅くて高機動な機体。先手を取れるので、被害を抑えやすい。
お陰で、機体より先にパイロットが壊れることもしばしば。
本来は格闘戦が強い機種なのだが、スナイパーライフルを持たせる運用が1番効果的という…

索敵型(X5R、X5RR)


実は最も重要な機体
敵の正確な位置を先に割り出し、ミサイルや砲、航空機などで先制攻撃させるための機体
一応武器は装備できるものの、武器よりもセンサーを装備して索敵効果を上げた方が役に立つ

Webパワードールでの立ち位置が全くの謎
基本性能が低めなので、完全な地雷機体

その他


次世代型として開発が進められていた特殊ローダー
隠密性を上げたり、多脚により重心を安定させたり、狙撃に特化させたりと様々な試みがなされた
実際のところ使い勝手については汎用型と強襲型の後継機に相当する2機(XB-10、XC-10)に遠く及ばない

Webパワードールでは専用武器の弾切れが早い、予備がないといった弱点は解消できるため、どこまで弱点を補強できるかがポイントかも知れない

航空機編


DoLLSは任務の特性上、ほとんどの場合、空挺作戦(空から降下する)を行う。
そのため作戦地点まで無事に輸送することが航空兵たちの主な役目。
大型輸送機で降下作戦を実施した後、任務完了後はVTOL(短距離離着陸)輸送機で兵員を回収して撤収するというのがセオリー。
作戦中、敵戦闘機からの攻撃を防いだり、爆撃を行ったりする

F261戦闘機

汎用戦闘機。その役割からすると、本来はF/A 261戦闘機という名称が正しい筈。
6つのパイロン(武器の装着ポイント)にミサイルや爆弾をつけ、上空制圧や爆撃を行う
機銃により敵機との格闘戦も行える

Webパワードールでは翼端のパイロンにも爆弾や対地ミサイルを装備できるため爆撃特化できるようになった(PD5では短距離AAMしか装着できなかった)コストの面ではローダーより遙かに安上がりだし被弾率も低い

AC157戦術輸送機

戦術輸送機
高速で敵地に侵入し、ローダー部隊を強襲降下させ、高速で離脱する。要は押し入って、バラ撒いて、トンズラする機体
このため精密な降下作戦は行えないし、それほど頑丈な機体でもない

C637戦略輸送機

大型輸送機
ローダー輸送の主力。高々度から作戦目標付近に降下する高々度降下作戦と低空侵入しつつ計算した配置を行う通常降下作戦のいずれもこなすことができる
ただし、特性上大型滑走路を持つ空港や基地でしか離着陸できないので往路のみしか使えない
少々の攻撃ではビクともしない頑丈さを誇る

VC213輸送機

VTOL輸送機
大型ヘリよりマシ程度の容量でローダー2機程度と兵員を連れ帰るのが役目
貴重なRRをお持ち帰りして、5や+を乗り捨て自爆させるのがセオリー
紙にも等しい装甲を誇るので狙われたらアウト

武器編

アサルトライフル(AL-4、AL-5)

精密射撃ができる基本火器。対地対空両方に使えて射程距離も長い
キャノンで大ダメージを与え、ライフルでトドメを刺すというのがロングレンジでの基本的な戦い方

Webパワードールでも命中率が高く片手装備なのでやはり基本装備はコレってことになる
初期のAL-4が物足りないと感じたら上位のAL-5を持たせるといい

サブマシンガン(CP3SMG、CP1J10SMG)

名称のお尻についてるSMGはサブマシンガンの略
射程距離は短いが近づいてきた敵にぶっぱなして足止め(牽制射撃)するのに使う
また目標周囲の敵にも巻き添えを食らわせるので密集した相手をカモにできる
近接戦闘の多いC型御用達

Webパワードールでも命中率はそこそこ良いのでサブ兵器にでも

ガトリング砲(GS4-30C、M7A5)

武器として使うより、ミサイルを叩き落とすのに使うことの多い武器
R型の肩に装着しておくとなにかと便利だった
マシンガンとは射程距離や用途が似ており、性能的には上
ただし行動力の消耗が激しいのでこっちから仕掛けるのには使いづらかった

Webパワードールでもその思想で正しいようで、普段から持たせてもいいし、マルチミッション等の航空機がいる作戦では肩か手にガトリングを装備して行った方がなお良いらしい

スナイパーライフル(M-S636、M-S636)

両手用の狙撃武器
長射程を誇るのだが、いかんせん弾数が少ないのと防御面に不安を残すのが問題
弾薬の供給が少ないこともあり出番が限られていた印象が強い
ただ威力・射程・命中率は文句なし

Webパワードールの初期バージョンでは猛威を奮う。なにしろ両手用でなく片手に装備できたので
現在は修正されたため使いづらくなったものの、役に立つことにはかわりがない
先手必勝・必殺必中のために、本来はまるで無縁なC系列に持たせるのが最も効果的

キャノン砲(CS6-105、NCS-88M)

汎用機やR型の肩に付けて使うキャノン砲
文句なしの射程距離と威力を誇る主力兵装。ローダーや軽車両相手には榴散弾で重戦車相手には徹甲弾を使うのが鉄則
射程が長い120mm砲にするか、消費行動力の少ない105mm砲にするかの好みが分かれる

Webパワードールでも汎用型の基本兵装。精密がそこそこある兵士はコレで

ハンドキャノン

両手用のキャノン砲
もともと肩につけるキャノン砲を手に持たせようというムリをしているせいで射程・命中率共に劣ってしまう
C型でも砲戦が出来ることが唯一とも言えるメリットだった

Webパワードール初期バージョンではスナライと共に猛威を奮うが、修正後はスナライよりもやや扱いが悪い

対戦車ミサイル

いわゆるミサイルポッド
PD5の敵機はローダーと重車両が半々くらい。デコイで避けられたり撃ち落とされることのあるローダーよりも、名前の通り確実に大ダメージを与えられる戦車相手に使うことが多かった
命中率と射程距離が高く長いため、腕前に不安のある新兵に担がせ、撃ち終わったら即座に退避させていた
弾数が増えるほど重くなるので、身軽になろうと思ったら真っ先に除装

Webパワードールでも兵士たちはそういう使い方をしているのか、無傷でもなくなっていることが多い。威力・射程・命中率のどれも高いので汎用機の御用達に。対地装備なので航空機がいるときは忘れずに両用ミサイルに変更

両用ミサイル

対空・対地に使える便利なミサイル。その分、装填数も少ないし発射に要する行動力も多くなる
対戦車ミサイルが新兵用なら両用ミサイルは古参兵用。航空機に致命的ダメージを与えるため、対空に秀でた兵士が精密射撃でよく狙って撃つのが基本だった

Webパワードールでも対航空機の切り札。マルチミッションでは汎用型に担がせたい

携行ミサイルポッド

手持ち式のミサイルポッドで使い方は対戦車ミサイルと全く一緒
やはりC型用の武器だが、ハンドキャノンと異なり片手に装備できるため、撃ち終わったらポイ捨てて、もう片方の手に持たせた武器と汎用型から巻き上げたライフルやマシンガンで戦うのがC型の戦術

Webパワードールでは微妙。C型単独で作戦に行く場合は役に立つのかも

連装機関砲(MC2-4B)

周囲の敵を巻き込む点ではグレネードに劣る。威力と射程でキャノンに劣る。ガトリングと違い敵ミサイルへの応射に使えない。対空に使おうにもライフルほど手数がない等と、中途半端でイマイチ使い勝手の悪い武器。弾が余って仕方ないとき、なにかのかわりに使う程度。
弱体化したリニアキャノン(前期シリーズにあたるPD2で猛威を奮った反則兵器。高威力で周囲を巻き込むため、敵が多ければ多いほど威力を発揮する)という位置づけ。

Webパワードールでも後継武器がなかなか登場しないビミョーな存在

ハンドグレネード

PDシリーズではお馴染みの戦術兵器。
接近や逃走のために煙幕を張ったり、曲射により物陰に隠れた敵をあぶりだしたり、密集した敵にジワジワとダメージを与えて破壊するために使われる。ハンドグレネードの使い方に各プレイヤーの戦術と個性が表れると言っても過言ではなかった。

グレネード砲

名前と弾薬が一緒なのに役割が全く異なる。
広域グレネードは地形を変えるために使うのが基本。直射武器であるライフル、キャノンの射線を確保するため障害物となっているフェンスや見張塔などの構造物や、樹木を根こそぎ焼き払うのが仕事。
森は消費移動力が多いため、制限時間内に退避を完了させるミッションでは行動力の少ない部隊の退路を確保するために使われる。
広い範囲に煙幕を張ることも出来るため機体ではなく部隊を丸々煙幕で隠すことも出来る

Webパワードールでは肩につけるハンドグレネードでしかない


Copyright©KOGADO STUDIO,INC. All Rights Reserved.
Copyright©2012 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved.


  • 最終更新:2012-09-01 01:16:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード